読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことをやろう!

自分原因には天国ワークがある。

死んだあとと、生まれる前の2つ。

 

両方ともしがらみなく本当に自分がやりたいことを思い出すものなんだけど

個人的には死んだあとワークは

奮起するもので

生まれる前ワークはワクワクを思い出すワークな気がしている。

 

ダルビッシュは死んだあとというか、

最悪な40歳になったときを想像して

努力しようと腹くくったそうだ。

 

ハッピー流は、ワクワクしようぜ!

だから生まれる前ワーク。

 

本来のすごい自分を思い出そうぜ!

的なことが書いてある。

 

そもそも私たちすべての人が創造主なのに

こんな自分嫌いだ!

とか、

自分なんかにできっこない。

とかは関係ない話になる。

 

 

元々素粒子が共鳴しあって

我々全ての個体ができるんだから

ワクワクしないとか損でしかない。

 

 

目に見えない思考の力を舐めてはいけない。

しかしながら、元々の思考癖というのは

手強いもので

潜在意識にたまったマイナスな感情も

中々手強いもので

でも、マイナスな感情も悪いものじゃないし

 

ずーっとワクワクし続けるなんて

無理に等しい。

 

理想の自分が分かっているからこそ悩む。

悩んでいるうちは自分は大丈夫。

なぜならそれは成長痛の一種だから。

 

だったら、理想と現実のギャップで悩んだり悲しんだりすることは必然じゃないか?

 

 

引き寄せの法則は、手にした時の自分の感情を先に味わおうね!

逆算しようね!

 

だけど、理想と現実のギャップに悩むことって悪いこと??

 

あ、悩むこと自体に余計な思考が絡んでいるのかもしれない。

 

私の場合は、焦りと周りと比べる自分がまだまだいる。

 

こうなりたい!でも周りと違うから

またひとりぼっちになっちゃう。

 

この思考がいつも邪魔する。

私は人より強いらしい。

でもそんなこと関係ないじゃないか!

 

だって皆違うんだし

皆と合わせなきゃいけない理由はないし

 

そもそも、 私が本気でそれを望めば

自然と回りに人は集まってくるはず。

 

一人で抱え込んで悩んでるうちは

本気の人には出会えない。

 

本当に望んでるものがあるならば、

腹を括ってつかみにいこう!

 

孤独は本当は孤独じゃない。

 

ただの幻覚でしかない。

 

産み出すのはいつも自分の心の中から。

 

ということは、自分の心の中が孤独なら

何してても回りに合わせてもずっと

孤独に変わりはない。

 

 

一人じゃないよ。

孤独じゃないよ。

 

いつも愛されてるし、守られてるよ。

 

そんな言葉が、心に浸透しきったら

世界もきっと変わってくるだろう。

 

 

同じ頑張るなら、そーゆー風に頑張ろう。

誰だって本当に孤独な人なんて

いないはず。

 

誰かが居なくなったら悲しむ人が必ずいる。

自分がどんなに愛されてないし

一人ぼっちだと思ったとしても

絶対にそんなことはあり得ない世界。

 

 

だって、本当に孤独なら、

携帯のアドレス帳に一人も入ってないはずだもん。

 

 

極論だけど、私にはそこまでの荒治療が必要だ!

 

 

一人じゃないよ。

皆がいるよ。

大丈夫だよ。